長崎ハウステンボスの変なホテル

無料法律相談での上手な時間の使い方

自治体などで開催される無料の法律相談は30分、少し短いものだと20分の中で事実確認や経緯、こうしたいという要望、アドバイスなどを詰め込む必要があり、結論を導くのには不十分な内容になってしまうことも多々あります。


しかし、中にはそうした短い時間の中でも満足する時間を過ごし、的確なアドバイスを聞いて持ちかえることのできる人もいます。

こうした明確な差がどこで生まれるものなのか、それは事前の準備にあります。

話がまとまらず、的確なアドバイスができないまま時間が終了してしまう人の多くはその時に思いついたことをそのまま口に出してしまうケースによるものです。
こんなこともあった、そういえばあんなこともあったと話を進めていくうちに思い出し、結果として話が散らかって法律相談が終わるという人がとても多くいます。
法律相談に参加するというのは事前に分かっていて、予約を取ってまで行くことがほとんどなので、事前に話したい内容をまとめる、資料を持っていく、時間の経過ごとに説明できるようにするといった下準備によって、法律相談の限られた時間を有効に使うことができます。


メモなどに話したいことをまとめるだけで、冷静に話すことができるようになります。


思いつきで話すと、冷静さを保てない場合が多いのでその場で思い出したにしても、重大なことでない限りは極力言わないようにしましょう。
思い出したことを言うことで話がまとまらなくなることが多いので、事前に準備した内容だけを言うように心がけましょう。

















    関連リンク

    • クレジットカード決済の工夫について

      クレジットカード決済を利用することで、利用金額に応じたポイントバックが行われるものが大半となり、すべての支払をクレジットカード決済にすることで大きな節約が可能となります。しかし、すべての支払いで利用できなかったり、ポイントが付かないことも多く、特に税金の支払いや、一部のガス代や水道代といった公共料金などは利用できません。...

      detail
    • 無料法律相談での上手な時間の使い方

      自治体などで開催される無料の法律相談は30分、少し短いものだと20分の中で事実確認や経緯、こうしたいという要望、アドバイスなどを詰め込む必要があり、結論を導くのには不十分な内容になってしまうことも多々あります。しかし、中にはそうした短い時間の中でも満足する時間を過ごし、的確なアドバイスを聞いて持ちかえることのできる人もいます。...

      detail